石巻市の不動産売却にかかる手数料

石巻市で不動産売却をする場合は、不動産会社に仲介を依頼します。

この場合は仲介手数料がかかりますが、不動産売却にかかる手数料は他にもあります。

・不動産売却にかかる手数料石巻市で不動産会社を決める時に、仲介手数料の事も考えておかなくてはいけません。

これについては不動産会社により違いがあるからです。

不動産売却でかかる手数料は、「不動産会社への仲介手数料」以外にもいくつかあります。

住宅ローンが残っている場合は、抹消登記の登録免許税が必要です。

この場合は「抵当権抹消費用」がかかりますし、司法書士に手続きを依頼するなら「司法書士への報酬」が必要です。

売買契約を結ぶ場合は、印紙が必要ですから「印紙代」もかかります。

不動産売買によって利益が出た場合は、「譲渡所得税」が発生します。

・その他の手数料土地の実測が必要な場合は「測量費用」がかかります。

家と土地を売る場合、家を解体して更地にしてから売る事があります、この場合は「建物解体手数料」が必要です。

撤去すべきモノがある場合は、「解体撤去手数料」となります。

・まとめ今住んでいる家を売る場合、新しく住む家への引越しをしなければいけません。

この場合は「引越し費用」がかかります。

引越しの際に処分する物がある場合は、それぞれの処分費用も考えておかなくてはいけません。

こうして見ると意外と手数料や費用が掛かってきます。

不動産売却で売れる金額から、各手数料を引いた分が手元に残る事になります。